マイナススパイラルな時期は

シロクマは寒いところがお好き

新潟を中心に活動している中小企業診断士・自己肯定力トレーナーの宮澤奈緒子です。

私の暗黒時代

私の30代後半の暗黒時代の話。
自分ではすごくがんばっているはずが、
色んなことが思うように上手くいかず、
連鎖してあれもこれも、見事なマイナススパイラルな時期がありました。
悪循環。
それも結構長かった。
この悪循環の話に興味があればブログ「私が自己肯定感を学んだ理由」をご覧くださいね。

そんなときは
自分で自分を認められない自己否定ループに陥っています。
当時、自分を認める自己肯定どころか、
20歳頃の過去にまでさかのぼっての後悔と
自分へのダメ出しをしていました。
上手くいかなかった、あんなこと、こんなことを思い出し、
「だから私はダメなんだ」と。
自分をボコボコに。

実体験からの結論。
自分へのダメ出しって良いことないですね。
うまくいかないこと(悪いこと)をますます引き寄せています。
まさに悪循環。

自分にやさしく、自分を大切に

どうか、
少しずつでも自分を認めて、
そんな自分を受け入れてあげてくださいね。
認めることも苦しかったら、
まずは自分をねぎらってあげてください。

寒い冬。
外に出掛けて仕事を済ませて戻ってくると、私はどっと疲れが出てきます。
仕事での集中力が途切れるのでしょうね。
そんな時は
「寒い中、今日もよくがんばったね、ワタシ。寒いだけでつかれちゃうよね。」
と自分に声をかけてあげる。

夏の暑さに弱くなった私。
ある夏の日の土日は昼寝ばかりでした。
そんなのも
「疲れているんだな、ワタシ。よしよし。」と受け入れて、
可能な限りだらだらと過ごす。
体力があった若い頃の自分と比較して、自分を鼓舞しすぎたり責めたりしない。
無理して炎天下の太陽の下で活動しない。
そしたら月曜日の午後には身体も軽くなり、動き出せるようになりました。

50代。寒くても、暑くても、疲れるんですよ、若い頃より。

悪循環から好転させる方法

マイナススパイラルから好転させる方法を
もっと具体的に知りたい方は自己肯定力ベーシック講座をどうぞ。
心理学ベースのしっかりした体系的かつ再現性のある内容です。脳科学的にもいろいろわかってきました。

ちなみに友人には、
「宮澤さんの暗黒時代って30代後半なの?その前かと思ってた。」と言われました。
私にとって、
30代前半は「試練の時代」、
30代後半は自らドツボにハマっていた「暗黒時代」、
そこから一度は浮上するも
40代前半には「不遇の時代」に突入。
沈んでいる期間、長いじゃん(笑)!

人生、山あり谷あり。
今やそれもネタ。

関連記事

  1. 自己肯定感は企業の生産性に大きく影響します

    自己肯定感 企業研修「受講者(中間管理職)の声」②

  2. ラウレアデザイン

    Webサイト の運用開始

  3. 秋空 あてま高原リゾート ベルナティオ

    ありのままの自分を受け入れて、その自分を大切に思うこと

  4. 科学がつきとめた「運のいい人」

    自己肯定感が高くなると運が良くなる

  5. 十日町市

    ヒューマンスキルアップ講座【4/17(水)新潟県十日町市】

  6. 新潟県商工会職員協議会さま研修会

    新潟県商工会職員協議会(指導職員部会)さま研修会