はじまります 持続化補助金<災害支援枠>(第4回)

持続化補助金 災害支援枠

能登半島地震の事業再建を支援する補助金

令和6年能登半島地震により被害を受けた被災区域(石川県、富山県、福井県、新潟県)向けの小規模事業者持続化補助金の公募が7月19日からはじまります。
新潟を中心に全国で活動している中小企業診断士の宮澤奈緒子です。
公募要領(暫定版)が公開されました。受付締切は2024年 8月19日(月)【郵送:締切日当日消印有効】です。

再建に向けてがんばっている事業者の方、必要な方にどうか情報がとどきますように。

<災害支援枠>小規模事業者持続化補助金

被災区域(石川県、富山県、福井県、新潟県)の小規模事業者等の事業再建を支援のため、災害からの事業の再建に向けた取組に要する経費の一部を補助するものです。
通常の持続化補助金は「販路開拓」が目的ですが、これは「事業再建」が目的です。
今回の募集は対象者と取組の計画が異なるものです。また、通常より補助上限が高く、要件を満たすと定額補助となっています。

持続化補助金<災害支援枠>(第4回)概要

【補助対象者 災害支援枠(令和6年能登半島地震)
(1)被災区域(石川県、富山県、福井県、新潟県)に所在する小規模事業者等で、令和6年能登半島地震の被害を受けた事業者であること ←被災証明が必要なようです
(2)本事業の応募の前提として、早期の事業再建に向けた計画を策定していること

【補助率】
○ 補助対象経費の3分の2以内
○ 令和6年能登半島地震により自社の事業用資産に損壊等の直接的な被害を受けた申請者のうち、要件をすべて満たす場合は定額

【補助上限額】
①200万円(自社の事業用資産に損壊等の直接的な被害があった事業者)
②100万円(間接的(売上減少)な被害があった事業者)

【補助対象経費】
①機械装置等費、②広報費、③ウェブサイト関連費、④展示会等出展費(オンラインによる展示会・商談会等を含む)、⑤旅費、⑥新商品開発費、⑦資料購入費、⑧借料、⑨設備処分費、⑩委託・外注費、⑪車両購入費

※この<災害支援枠>では、ブルドーザー、パワーショベルやその他の自走式作業用機械設備、事業に供する車両が被災した場合に限って、事業用の車両購入が認められています。

詳しくは

商工会の管轄地域で事業を営まれている小規模事業者の方
商工会議所の管轄地域で事業を営まれている小規模事業者の方
事業所所在地の商工会・商工会議所にご相談ください。


関連記事

  1. 持続化補助金採択者一覧

    【お客様の声】補助金サポート(持続化補助金)のご感想

  2. 持続化補助金採択おめでとう

    補助金採択おめでとうございます

  3. 持続化補助金はじまるよ

    持続化補助金はじまるよ

  4. 寄せ植え

    「補助金」基本のき

  5. 販路開拓の持続化補助金【9/7締切】

  6. 事業再構築補助金

    公募中「事業再構築補助金」